専業主婦 カードローン 借り換え

主婦でも借入可能なカードローン−おすすめはみずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンは、パートなどで働いている主婦の方だけでなく、専業主婦の方でも借入可能です。
金利は14.0%と他のカードローンと比べても安く、返済の負担が少ないのがポイント!
WEB上でお申し込みから契約、振り込み融資までできて、店舗に行く必要がないので、夫にも内緒で借り入れできます。

みずほ銀行カードローンの詳細はこちら

1.知っておきたい借り換え・おまとめローンの仕組み

返済に困っている人の中には、借り換えやおまとめローンが気になっているという人もいるのではないでしょうか。
こういったローンの目的は、金利を下げて返済を楽にすることです。
キャッシングやカードローンはとても便利なものですが、複数社からお金を借りてしまい返済に困っている人も多くいます。
また、急な出費によってすぐにお金が必要になり、金利などを確認せず借りてしまい、後で「もう少し金利の低いところで借りればよかった!」と後悔することもあります。
このような時に借り換えやおまとめローンを利用することで、低金利で借入ができ、返済先を一本化することもできます。
このページでは、そんな借り換えやおまとめローンについて解説していきます。

 

専業主婦 カードローン 借り換え

 

1-1.借り換えとおまとめローンの違いとは

借り換えというのは、文字通り現在の借入を他社に借り換えることです。
仮に高金利のカードローンを利用していて返済が苦しい場合には、低金利のカードローンへ借り換えることで返済が楽になります。
よくあるケースとしては、金利の高い消費者金融からの借入を低金利の銀行カードローンへ借り換えるというものです
一方、おまとめローンは、名前からもわかるように複数社からの借り入れを1社にまとめてしまうというものです。
おまとめローンを利用すれば、毎月の複数社への返済を1社にまとめることができ楽に返済ができますし、1社からの借入額が増えることにより、金利が低くなるというメリットがあります。

 

1-2.どうやって借りるの?借り換えの流れ

借り換えは、他社から今借りている借入額の同額の融資を受けて、そのお金で一括返済をしてしまうという方法です。
金利の低いカードローンに申し込みを済ませ審査に通れば、今の借り入れを一括返済します。
そうすることで、低金利でお金を借りているのと同じ状態にすることができるのです。
また、借り換えローンは、通常のカードローンよりも低金利に設定されていたり、限度額も高いという特徴があります。
ただし、専用の借り換えローンは審査も厳しく、返済能力や借入状況などは入念にチェックされます。

2.無職の専業主婦でも審査に通る?

専業主婦でも利用できるカードローンはいくつかあります。
それぞれに金利などが違うため、「もっと条件のいいところで借りればよかった」と後悔している人もいるでしょう。
また、複数社からの借り入れをしてしまい、返済に困っている人もいるかもしれません。
そんな時に借り換えやおまとめローンを利用すれば、金利が低くなったり、月々の返済額が減ることもあります。
さらに、返済先が1社になるため、精神的にもかなり楽になることでしょう。
ただし、自身に収入のない専業主婦にとって、借り換えやおまとめローンの審査は厳しいということも事実です。

 

2-1.無収入の専業主婦に借換え・おまとめは厳しい

基本的に、借換えやおまとめローンは収入がある人を対象としているため、専業主婦が利用するのは難しいかもしれません。
また、借り換えやおまとめは通常のカードローンよりは低金利に設定されているケースが多くいため、それだけ審査も厳しくなる傾向があります。
そのため、収入がない専業主婦は、借り換えやおまとめローンで返済を楽にすることよりも、今の借入先に確実に返済していくことを考えた方が賢明でしょう。
いずれにせよ、カードローンを利用する際には、借り換えやおまとめの必要がないよう事前に金利や返済日などの条件面をよく確認しておくことが重要です。

3.借り換え・おまとめ以外で返済するには

借換えローンやおまとめローンが利用できないのなら、返済に困っている専業主婦はどうしたらいいのかと思ってしまいますよね。
借換えやおまとめローンを利用するためにはアルバイトやパートなどでもいいので、まずは収入を得る必要があります。
しかし、子供がまだ小さかったり、病気や介護などの理由から働けないという人もいると思います。
返済を楽にする方法は、借り換えローンやおまとめローンだけではありません。
それ以外の方法で少しでも返済を楽にすることはできます。

 

3-1.金利を下げてもらうよう交渉する

返済を楽にするためには、今利用しているカードローンの金利を下げてもらえるよう交渉するというのが一つの方法です。
カードローン会社としても、自己破産などをされるよりは金利を下げてでも返済をしてもらった方がいいので、交渉次第では金利を下げてもらえる可能性があります。
例えば新生銀行レイクでは、こういった金利引き下げの交渉にも柔軟に対応してくれると言われています。
しかし、大抵のカードローン会社は交渉したからといって金利を下げてくれるというわけではありません。
あくまでも交渉に応じてくれるのは一部のカードローン会社だけです。
とはいえ、本当に返済に行き詰った時は状況を正直に説明し、金利を下げてもらえるようお願いしてみましょう。

 

3-2.低金利の銀行カードローンへ新規申し込み

金利が下げてもらえない場合は、銀行カードローンへの新規申し込みを考えてみましょう。
低金利の銀行カードローンを利用して、今の借り入れを一括返済してしまえば、借り換えローンを利用するのと同じことです。
ただし、新規借入の場合は、審査に通るために他社借入件数が非常に重要なポイントとなります。
そのため、すでに2社以上から借入れをしている人、借入総額が大きい人などは審査に通るのが難しいかもしれません。
この方法は、あくまでも金利引き下げの交渉が成功しなかった場合の代替手段として考えておいた方が良いでしょう。

 

3-3.限度額を増額して返済にあてる

交渉が不発に終わり、すでに複数社から借り入れをしている場合、他に返済を楽にする方法はないのでしょうか?
最後の手段として、利用しているカードローンの限度額を増額してもらうという方法があります。
限度額を増額して新たに借入をすれば、その分を他のカードローンへの返済に充てられます。
また、限度額増額で金利が下がる可能性もあるため、残った借入の返済が楽になるかもしれません。
とはいえ、専業主婦が増額審査に通るのは少々難しいかもしれません。
審査に落ちた場合は、限度額引き下げや利用停止になることもあるため、慎重に判断する必要があります。

4.最終手段!夫に借りてもらう方法

金利を下げてもらえるように交渉をしたり、低金利の銀行カードローンの利用、増額申請などの方法がありましたが、どれもできそうにないという人もいるかもしれません。
金利引き下げの交渉をしても応じてくれるかどうかは分かりませんし、新規の借り入れや増額も審査に通るかどうか分かりません。
「こういった方法は難しいかな」と感じる人は、最終手段として夫にカードローンへ申し込んでもらい、借入したお金を返済にまわることを考えてみましょう。
「夫にだけはカードローンの利用を内緒にしておきたい」という人もいるでしょうが、どうにもならない状態になる前に、早めに相談して解決することが大切です。

 

4-1.配偶者名義のローンで妻の借入を返済

最終手段は、夫に相談し、夫の名義でカードローンでお金を借りてもらい、自分のカードローンの借金を完済してしまうという方法です。
これならカードローン会社との交渉も必要もありませんし、新たにカードローンの申し込みや審査を受ける必要もありません。
専業主婦は収入がないため、どうしても信用が低くなります。
そのため、新たにカードローンに申し込みをしたり、増額申請をしても、審査に通るのは難しいかもしれません。
しかし、安定した収入がある夫の名義で申し込めば、カードローン審査に通る可能性がグッと高くなります。
本当に困ったことになる前に、是非検討してみましょう。

 

4-2.夫に借りてもらうメリットとは?

夫に負担をかけたくないという人もいるでしょうが、夫に借りてもらうといくつかのメリットがあります。
まず、最も大きなメリットが低金利でお金を借りられるということです。
収入のない専業主婦とは違い、安定した収入があれば利用限度額は高く設定されます。
カードローンというのは、利用限度額が高くなればなるほど金利が低くなるように設定されているため、夫に申し込みをしてもらえば低金利で借入できるかもしれません。
また、返済できなくなり債務整理をすることになればブラックリスト入りとなってしまいます。
このように、夫に借りてもらうことで低金利で借入ができたり、ブラックリスト入りを避けることができるのです。

 

4-3.夫に借りてもらう際の注意事項

夫に借りてもらう時には、注意点があります。
それは、夫名義で借り換えやおまとめローンに申し込んでもらうのではなく、あくまで新規の申し込みをしてもらうという点です。
というのも、借り換えやおまとめローンは申込者本人との個人契約となるため、妻の借り入れを肩代わりをするということはできません。
また、消費者金融を利用するのも避けることが大切です。
大抵の消費者金融は金利が高く、借り換えやおまとめには向きません。
借り換えやおまとめを考えるなら、低金利の銀行カードローンをおすすめします。