カードローン 利用 注意点

主婦でも借入可能なカードローン−おすすめはみずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンは、パートなどで働いている主婦の方だけでなく、専業主婦の方でも借入可能です。
金利は14.0%と他のカードローンと比べても安く、返済の負担が少ないのがポイント!
WEB上でお申し込みから契約、振り込み融資までできて、店舗に行く必要がないので、夫にも内緒で借り入れできます。

みずほ銀行カードローンの詳細はこちら

1. 使い方をしっかりと考えること<

カードローンはうまく利用すれば大きな助けとなる存在なのですが、使い方を間違えれば自分の生活や信用を大きく失う存在ともなります。
カードローンは使い方をしっかりと考えて利用することが必要になります。
人によってはカードローンを利用しない方がいいという考えもあるほど、カードローンによって生活が困難になる人も多くいます。
特に初めて利用するという人は、このカードローンを安易に使ってしまい、利用しない方がよかったと後悔しないように利用することが大切です。
しかし、このカードローンが利用出来れば、人に頼らなくても少額のお金の問題ならすぐに解決をすることもでき、利用方法を身につけることがこのカードローンには必要になります。

 

1-1. カードローンに頼りがちになってしまいやすい

カードローンを利用したことで生活が困難になってしまう人の特徴に、このカードローンに頼りがちになっているという点が挙げられます。
カードローンを申し込みをして、30万円の利用限度額に設定をしてもらえたとします。
生活が困難になる人は、この30万円を自分のお金のように使ってしまいます。
自由にお金を引き出せることから、お金を借りているという感覚が薄れてしまい、自分のお金を使っているという感覚で利用をしてしまいます。
通常なら、生活に困らないように節約をして生活をするのですが、いきなり30万円ものお金が自由に使えるようになったことで、節約することなくカードローンを安易に使い、結果として返済が難しくなり、生活することすら困難な状況に陥ってしまいます。

2. カードローンを計画的に返済するためのポイント

カードローンの安易な利用はおすすめできません。
もしもの時のために、ローンカードを保管しておき、どうしても必要になったときに利用するのが最も賢い利用法と考えられます。
また、どうしても利用する必要が出来た時でも、すぐにお金を借りるのではなく、冷静に返済計画を立ててからの利用が大切です。
どうしてもすぐにお金が必要だからといって利用したことにより、今の家計では毎月の返済が出来ないということも起こるかもしれません。
一時的にカードローンを利用して窮地をしのいでも、毎月の返済が出来ないのなら、ピンチを後回しにしただけです。
計画的に利用するためにはいくつかのポイントがあります。

 

2-1. 返済日の把握

計画的に返済をするためには、返済日の把握が重要になります。
給料日の直後に返済日がくるといった場合には、比較的返済しやすいと考えられますが、この収入から返済日が遠くなればなるほど、計画的な利用が大切です。
カードローンを申し込む前に返済日を確認して、給料日の直後に返済日がくる金融機関を選んで利用をしていても、転職などをしてしまえば給料日が変わってくることもあります。
お金を借りた時には、毎月の返済を確実に行うのは基本であり、最も重要なことです。
どうしても今の返済日では支払いが遅れる可能性があるといった場合には、金融機関に相談することも一つの方法です。

 

2-2. 返済日は絶対に遅れてはいけない

銀行カードローンでは口座引き落としが基本的な返済方法となり、口座にお金を入れておけば確実に返済をすることは可能です。
ATMを利用して自分で返済をするといった場合には、返済日を忘れないようにする必要があります。
返済日を忘れないようにカレンダーなどに印をしておくなどの工夫も大切ですが、金融機関によっては返済日が近づくと、メールで知らせてくれるサービスをしているところもあります。
このようなサービスを受けられる金融機関を選ぶことにより、返済日を忘れずに済みます。
金融機関を選ぶ時には、すぐにお金が借りられるのか、金利は低いか、毎月の返済額はどのくらいかなどが気になりますが、この返済日をメールで知らせてくれるようなサービスにも注目をして選ぶことも大切です。

 

2-3. 返済額の把握と見直し

毎月の返済を確実にしていくには、自分に合った返済額を把握することが大切です。
今カードローンを利用しているという人は、まず今の返済額が自分にとって妥当なのかを確認しましょう。
毎月のお小遣いが1万円あるという人なら、毎月の返済が5,000円でもしっかりと返済できるかもしれませんが、お小遣いがほとんどないという場合には、毎月の支払いが2,000円でも大きな負担となると考えられます。
まずは、今の自分が自由に使えるお金がどのくらいあり、どの程度なら問題なく返済にあてられるのかをしっかりと把握することが、確実に返済するためのベースとなります。

 

2-4.生活を圧迫しない返済

家計を守る専業主婦なら生活費をうまく節約することで、毎月の返済額にあてるお金を捻出することは意外に簡単にできます。
まず多くの人が考えるのが食費や光熱費の節約ですが、これらの節約をすることにより、自分だけでなく夫や子供にも節約を強要することにもなってしまいます。
最も返済費用を捻出しやすいのが、毎月支払っている携帯の料金や保険代などの固定費用です。
携帯料金も、プランの変更をすることにより数千円ものお金がすぐに捻出できることもあります。
まずは今の家計の見直しをして、どの程度なら捻出できるのかを把握し、その範囲内で返済できるお金を借りることが大切です。

3. 利用後に延滞するとどうなるの?

カードローンを使う時には延滞することなく利用することが大切なのですが、もし延滞をした場合にはどのような状況になるのかを知っておく必要があります。
延滞をすれば、まず金融機関から連絡があります。
この時には、なぜ遅れたのか、いつなら返済できるのかを伝えれば、金融機関からの連絡は返済できると約束をした日まで連絡がくることはありません。
この時に誠意ある対応や、出来るだけ早く返済をすることにより大きな問題になることもありません。
このまま放置をしていると、督促状や財産の差し押さえをされることさえあり注意が必要です。

 

3-1. 延滞の利息は?

延滞すれば金融機関から連絡がある以外にも、延滞をしている間は遅延損害金が発生することを忘れていはいけません。
遅延損害金が発生するとどうなるのかというと、今の金利よりも高い金利が設定されることになります。
多くの金融機関が遅延損害金として20%もの金利を設定しています。
どんなに低い金利のカードローンを利用していても、延滞をすることにより高い金利設定となり、返済額も増えてしまうことになります。
この遅延損害金も通常の利息計算と同じように日割りで計算することから、一日でも早く返済することで無駄な出費も抑えることが出来ます。

4. コンビニATMなどを利用する際には手数料がかかる

カードローンをうまく利用するための注意点としてコンビニATM手数料があります。
カードローンを利用する場合には、多くの人がコンビニATMを利用することになると考えられます。
コンビニATMは24時間使うことができ、急にお金が必要になったときでもすぐにお金を借りることが出来ます。
また、利用できるコンビニは全国どこでもあることから、職場近くのコンビニや、旅行中などでも近くにあるコンビニでお金を借りることもでき、とても便利な存在です。
このコンビニATMを利用することにより、手数料がかかる金融機関もあり、コンビニを何度も利用すればそれだけ多くの手数料を支払うことになってしまいます。

 

カードローン ATM

 

4-1. 手数料の額も事前に把握しておく

コンビニATMを利用して手数料が取られても特に問題ないと考えている人もいるのではないでしょうか。
一回の手数料は少額でも、10回も利用すれば数千円にもなりますし、それが年間ともなれば想像以上に無駄な出費をしていることになります。
コンビニATMでは、1万円以下なら100円と消費税、1万円を超えれば200円と消費税が必要になります。
これは借入をした時でも、返済をした時でもATMを利用すれば必要になる手数料です。
ただ、金融機関によってはこの手数料を無料にしているところもあります。
このような金融機関を選ぶことにより、コンビニATMを便利に利用することが出来ます。

 

4-2. 振込手数料が無料になる銀行がおすすめ

コンビニATMの手数料も無駄な出費となるのですが、これ以上の手数料が必要になるのが振込手数料です。
銀行振り込みなどを利用して返済をするといった人は、この手数料には気を付ける必要があります。
専業主婦の場合には少しでも無駄な出費は抑えたいと考えているのではないでしょうか。
意外にも振込手数料は多く必要となるため、ここはしっかりとチェックしておく必要があります。
銀行によっては、返済のための振り込みなら無料にしていたり、回数限定で無料としているところもあります。
見落としがちな手数料もしっかりとチェックして、便利にカードローンを利用しましょう。