カードローン ブラックリスト

主婦でも借入可能なカードローン−おすすめはみずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンは、パートなどで働いている主婦の方だけでなく、専業主婦の方でも借入可能です。
金利は14.0%と他のカードローンと比べても安く、返済の負担が少ないのがポイント!
WEB上でお申し込みから契約、振り込み融資までできて、店舗に行く必要がないので、夫にも内緒で借り入れできます。

みずほ銀行カードローンの詳細はこちら

1. そもそもブラックリストって何?

ブラックリストという言葉を耳にすることがあります。
このブラックリストと聞いて、どこかにこのようなファイルが存在していると考えている人も多いのではないでしょうか。
しかし、このブラックリストが存在しているわけではなく、金融事故を起こした人のことを通称として指す言葉として利用されています。
そのため、ブラックリストというファイルが存在しているわけではありません。
ブラックリストに載るということは、金融機関には要注意人物として扱われると考えておく必要があります。
金融機関にとってはマイナスとなる人物と判断され、このブラックリスト扱いになると、金融機関の利用は難しい状況となります。

 

1-1. 「ブラックリストに載っている人って」どんな意味?

金融機関にとって要注意人物がブラックリストに載っている人ということになるのですが、では、一体どんなことをすればこのブラックリストに載ってしまうのでしょうか。
それは金融事故を起こした人です。
長期間にも及ぶ延滞や、任意整理や自己破産などの債務整理をした人は、このブラックリストに載っている人となります。
延滞をすることにより、金融機関は毎月の利息を受け取れないことになりますし、自己破産などをされてしまえば貸したお金が回収できないことにもなります。
金融機関にとっては、このような人には当然お金を貸したくないと考え、要注意人物としての扱いを受けることになります。

2. ブラックリストってどうしてわかるの?

ブラックリストに載るとすべての金融機関から相手にされないような状況になります。
しかし、延滞や債務整理をした金融機関はその人を相手にしないのはわかるけど、どうして他の金融機関まで相手にしなくなるのかと思う人もいるのではないでしょうか。
すべての金融機関が相手にしなくなるということは、金融機関同士で情報を共有しているように思えますが、金融機関同士が直接情報交換をしているわけではありません。
直接情報交換をしなくても、情報を共有することが可能です。
それを可能としているのが信用情報機関です。
信用情報機関には加盟している金融機関の情報が記録され、その記録を登録している金融機関が確認することができ、金融事故情報もこの機関を通して知ることが出来ます。

 

2-1. 信用情報機関で自分の情報は他人も見れるの?

信用情報機関は3つありますが、どこの金融機関もどれかの信用情報機関に登録をしています。
この3つの信用情報機関はそれぞれで情報を共有しているとされ、どれかの信用情報機関に登録をしておけば、すべての機関の情報を確認できることになります。
この信用情報機関に記録されている情報は自分で確認することが出来ます。
カードローンの利用を考えた時に、自分の信用情報が気になるという人は一度確認してみてはいかがでしょうか。
この時に気になるのが他人でも自分の情報が見れるのかと不安を感じる人もいます。
この情報は、金融機関でも本人の許可なく見ることは出来ないようになっています。

3. ブラックリストに載る要因

カードローンを利用する時には、このブラックリストに載らないように利用することが大切です。
ブラック扱いになれば、金融機関からの融資は受けることが出来なくなります。
今の社会で金融機関からの融資を利用しない生活は考えられないという人も多いのではないでしょうか。
金融機関からの融資を利用しない生活も可能ですが、そのような生活では周りと同じ生活水準を保つのは難しくなります。
今の生活水準を保つためには金融機関の利用は不可欠で、金融機関の信用を失うような行為は避けることが大切です。
ブラックリストに載らないためには、要因をしっかりと理解しておくことが必要です。

 

3-1. 主に遅延・延滞情報

ブラックリストに載る要因としてまず考えられるのが、遅延や延滞情報です。
多くの人がこの要因によってブラックリストに載っていると考えられます。
毎月の返済を忘れていたり、急な出費によってお金が足りなくなり返済が遅れたという経験をした人は多いのではないでしょうか。
カードローンの返済だけでなく、毎月の携帯料金の支払いや、光熱費などの支払いが遅れてしまったという経験をした人は多くいます。
カードローンの返済を延滞したとしてもすぐに支払えればいいのですが、毎月の支払額が多い場合には返済が難しく、長期間の遅延となりブラックリストに載ってしまうという人が多くいます。

 

3-2. 1回遅れるだけでも記載される

債務整理などとは違い延滞は誰でも起こる可能性があります。
支払いを1回でも遅れるとその事実は信用情報機関に記載されることになります。
ただ、すぐに返済をしたという場合には大きな問題とはなりません。
大きな問題にならないとは、ブラック扱いをされることがないということです。
今まで確実に返済をしてきたのに、返済日を忘れてしまって支払うことが出来ず延滞をしたけど、すぐに返済をしたという場合には、金融機関も特に問題視はしていないようです。
しかし、何度も延滞を繰り返していたり、61日以上、または3カ月以上にも及ぶ延滞の場合にはブラック扱いとなってしまいます。

4. ブラックリストに載るとどんな目に合うの?

延滞などは誰でも起こす可能性はあるのですが、だからといって延滞をしてもいいということではありません。
一度の延滞でも、その情報により金融機関に不安感を与えるのは事実です。
それがブラックリストに載るような情報となると、金融機関の信用は大きく失った状態です。
金融機関から信用を失うと具体的にどのような目に合うのかと思う人もいるでしょう。
金融機関の信用を失うことにより、今後の借入が難しい状況となり、生活にも影響を及ぼすこともあります。
カードローンを安易に使うことにより、ローンカードの利用を停止されてしまい、便利なカードローンが利用できなくなることもあります。

 

ブラックリスト 影響

 

4-1. 借入枠の審査に影響

ブラック扱いになってまず影響があるのが、今の借入枠です。
今の利用限度額が50万円あったとしても、その枠を縮小されてしまい、10万円程度しか借りられなくなる可能性もあります。
今までこの利用限度額をうまく利用して快適な生活を送っていたのに、ブラック扱いになったことにより利用限度額を減らされては困るという人も多くいるのではないでしょうか。
また、新たな借り入れは出来なかったり、出来たとしても少額の借入限度額しか設定をしてもらえません。
ブラックリストに載ることにより、便利な金融機関を利用しにくい状態となります。

 

4-2. 車や家のローンなども含まれる

ブラックリストに載るということは、カードローンだけに影響を及ぼすわけではありません。
消費者金融では主に個人向けに少額の貸付をしていますが、銀行ではカードローンだけでなく、住宅ローンや自動車ローンなど高額の融資もしています。
金融機関を利用するメリットは、住宅ローンや自動車ローンのような高額の融資が受けられる点ではないでしょうか。
特に数千万円にもなる住宅を購入するには、ほとんどの人が住宅ローンを利用しなければ購入することが出来ません。
カードローンの利用によってブラックリストに載ってしまえば、このような住宅ローンや自動車ローンの審査にも影響することにもなります。

5. ブラックリストっていつ消えるの?

すでにブラックリストに載ってしまっているという人は、もう二度と住宅ローンや自動車ローンを利用できないのではないかと思っている人もいるのではないでしょうか。
もし、この情報が一生消えないということになると、怖くてカードローンなんて利用できないという人もいるでしょう。
しかし、ブラック扱いされる金融事故情報は一定期間過ぎれば消えることになります。
各信用情報機関によって、情報が消える期間は違いますが、一生保存されるというわけではないので、今ブラックリストに載っている人でも少しは安心したのではないでしょうか。
ブラック扱いとなる延滞情報なら1〜5年で信用情報機関の記録は消えます。

 

5-1. 一生消えないわけじゃない

金融事故の中でも最も重いとされるのが自己破産です。
金融機関にとっては、自己破産をされてしまうと貸付金が回収できなくなることが多く、自己破産をするようなお金の借り方をする人にはお金を貸したくないと考えています。
しかし、この自己破産をした人でも、信用情報機関の記録は10年もすれば消えることになります。
この自己破産の場合には、とても重い金融事故のため、信用情報機関の記録を消えても金融機関から借りにくい状況が続くかもしれませんが、少額なら融資をしてくれるところもあると考えられます。
カードローンを利用する時には、自分のためにも確実に返済が続けられる借入をすることが大切です。