カードローン 専業主婦 審査

主婦でも借入可能なカードローン−おすすめはみずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンは、パートなどで働いている主婦の方だけでなく、専業主婦の方でも借入可能です。
金利は14.0%と他のカードローンと比べても安く、返済の負担が少ないのがポイント!
WEB上でお申し込みから契約、振り込み融資までできて、店舗に行く必要がないので、夫にも内緒で借り入れできます。

みずほ銀行カードローンの詳細はこちら

1. まとめて申し込むと「申し込みブラック」となる

仕事をしていない専業主婦がカードローンを利用する時には、どうしても審査に通るのかと不安になってしまいます。
ほどんどの金融機関が安定した収入があることを条件としていることからも、この不安を高める要因となっています。
この審査に通るためにはコツもあります。
コツをつかめば誰でも審査に通るというわけではありませんが、審査に落ちやすいことを事前に知っておくことで、審査に通る可能性を高めることが可能です。
そのコツの一つが、まとめて申し込みをしないということです。
どこかの金融機関に通ればいいと考えて、まとめて申し込むと「申し込みブラック」となり、審査に通らなくなってしまうことがあります。

 

1-1. ゆっくりと一社一社審査の確認をしながら申し込む

急にお金が必要となり、今の手持ちでは足りないという時には、どうしてもお金を借りる必要があり、何社も申し込みをしておきたいという気持ちはわかるのですが、金融機関への申し込みは、時間をかけて、一社一社の審査を確信しながら申し込みをする必要があります。
これは一度に申し込まなくても、短期間に申し込んではいけないということです。
一カ月以内に3社以上も申し込んでしまうと、まず審査には通らなくなってしまいます。
基本は一カ月に1社だけ申し込むということです。
多くても2社までにして、ゆっくりと審査結果を確認しながら申し込むことが審査に通るためのコツです。

2. ローン申し込み用紙の書き方に注意

申込書に記入する情報にも注意を払う必要があります。
審査では、この申込書の情報によって審査をすることになります。
審査に通りやすいように、間違った情報を記入すれば、金融機関の信用を失うことにもなります。
他の金融機関を利用したことがある人の場合には、信用情報機関に記録をされていることを忘れてはいけません。
他社の借入額などをごまかしたとしても確実にバレることになります。
これは嘘の記入でなくても、記入ミスも同じことです。
金融機関から信用を得るためには、正しい情報を正直に記入することが、まず第一歩と考えましょう。

3. 希望融資額を小さくすると審査に通る?

審査に通りやすくするためのコツとして、希望融資額を小さくするということも一つの方法です。
仕事をしていない専業主婦は、どうしても金融機関からの信用度は低いと言えます。
その信用度の低い専業主婦が、多い希望額を記入したとしても信用を失う可能性を高めるだけです。
希望融資額を必要最低限にすることで、金融機関からも常識的な人と判断され、審査に通りやすくなると考えることが出来ます。
もともと、専業主婦がカードローンを利用する場合には低い利用限度額に設定されることから、その範囲内での希望融資額を記入することが大切です。

 

3-1. 専業主婦は「限度額30万円」になる

専業主婦がカードローンを利用する場合には、基本的に銀行を利用することになります。
専業主婦が利用できる銀行では、専業主婦への最大融資額をあらかじめ決めています。
多くの銀行が専業主婦へは30万円までとしています。
中には50万円までというところもあるのですが、基本は30万円までと考え、この範囲内で希望融資額を記入することが必要になります。
これ以上の希望融資額を記入しても、借りられることはありませんし、常識のない人と判断されてしまう可能性もあります。
10万円以内の借入で十分という人は10万を希望融資額として記入することで、審査にも通りやすくなると言えます。

4. 配偶者の収入、借り入れ状況

専業主婦がカードローンを利用する場合には、主に銀行を利用することになるのですが、専業主婦でも利用できる消費者金融なら配偶者貸付を利用して融資を受けることは可能です。
この消費者金融を利用するときに重要になるのが、配偶者の収入や借入状況です。
消費者金融での配偶者貸付では、配偶者の収入証明書や配偶者の同意書が必要になります。
配偶者の同意書を提出することにより、配偶者の信用情報を確認されることになり、配偶者の借入状況によっては融資を受けられない場合もあります。
ただ、消費者金融の配偶者貸付では配偶者の年収の3分の1まで融資を受けられることから、多くの借入が出来る可能性はあります。

 

4-1. 配偶者の借金があるかどうかも重要視される

消費者金融での配偶者貸付では、配偶者の借金があるかも審査では重要視されるポイントとなります。
配偶者の同意書を提出することにより、配偶者の信用情報を確認することに同意することになります。
そのため、この配偶者貸付では申込者本人と配偶者の信用情報を確認して、今の借金がどの程度あるのかも審査では大きな影響を与えることになります。
年収の3分の1まで融資が可能といっても、貸金業者から借金があれば、それだけ借入額も少なくなるということになります。
また、その借金の返済状況によっては、審査に落ちる可能性もあることも考えておくことも必要です。

5. 課題は「配偶者の同意書」

専業主婦が利用できる消費者金融に申し込みをする場合に、大きな課題となるのが配偶者の同意書です。
専業主婦の多くが夫には内緒でお金を借りたいと考えています。
しかし、専業主婦が消費者金融を利用する場合には配偶者の同意書が必要で、夫に内緒で利用することは出来ません。
夫の同意書に自分でサインをして提出してしまえば、それは偽造ということになり、罪に問われることもあります。
この同意書を提出しなければいけないことが、消費者金融の利用を遠ざけている理由とも考えられます。
夫に内緒でお金を借りたいという人には、消費者金融の利用はおすすめできません。

 

5-1. 配偶者の同意書なしで融資OKの銀行を選ぶこと

夫に内緒でお金を借りたいという専業主婦に最適なのが銀行です。
銀行では、配偶者の同意書なしで融資をしてくれる銀行もあります。
このような銀行を選ぶことで、夫に内緒でお金を用立てることができ、家計のピンチも乗り切ることが出来ます。
銀行の中には本人確認書類だけで申し込みを済ませることが出来るところもあります。
申し込みで必要になる書類が少ないことは、専業主婦がお金を借りるうえで重要なポイントと考えられます。
夫の収入証明書が必要となると、夫の収入証明書を黙って持ち出すのは気が引けるという人も多く、専業主婦が金融機関を利用する場合には、必要書類が少ないところが最適と言えるのではないでしょうか。

6. 電話で印象良く対応する

申し込みをすれば、必ずある確認が本人確認の連絡です。
この連絡では、申し込みをしたことが間違いないのか、申込み書の内容の確認のためにされます。
この電話で、金融機関に対して印象良く対応することも審査に通る可能性を高めるコツです。
審査では、申込者の信用が重要になります。
電話をして話した印象があまりにも悪いと、審査にも影響する可能性があります。
少しでも審査に通る可能性を高めるためには、金融機関に良い印象を与えることも大切です。
インターネットなどで申し込みをすれば、直接金融機関の人に会う機会もないことから、この電話で良い印象を与えることも大切と考えられます。

 

カードローン 審査 電話

 

6-1. しっかりと誠実に対応するということ

電話の対応だけで審査に落ちるということはないかもしれませんが、この電話で誠実に対応することは審査にプラスになると考えておくことが大切です。
はじめて話すという人でも、誠実に対応する人なら良い印象を受けます。
逆に、はじめて話すというのに、あからさまに不誠実な対応では、本当にこの人を信用していいのかと不信感を与えてしまうことにもなります。
少しでも審査に通る可能性を高めるためには、不信感を与えるような対応は避けるべきです。
聞かれたことに誠意をもって正確に答えることで、金融機関に安心感を与え審査にもプラスになると考えられます。