カードローン 個人情報

主婦でも借入可能なカードローン−おすすめはみずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンは、パートなどで働いている主婦の方だけでなく、専業主婦の方でも借入可能です。
金利は14.0%と他のカードローンと比べても安く、返済の負担が少ないのがポイント!
WEB上でお申し込みから契約、振り込み融資までできて、店舗に行く必要がないので、夫にも内緒で借り入れできます。

みずほ銀行カードローンの詳細はこちら

1. 個人信用情報とは?

金融機関を利用していて、延滞や自己破産などをしてしまうとブラックリストに載るといったことを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
このブラックリストに載るというのは、個人信用情報に傷がつくということを指しています。
個人信用情報とは、信用情報機関に記録されている情報のことで、クレジットカードやローンを利用すると、その情報は信用情報機関に記録をされます。
記録される情報は、個人の氏名や住所、勤務先や借入額、返済状況などで、延滞や自己破産をすれば、その情報も記録されます。
この情報は信用情報機関に登録をしている金融機関なら確認することができ、金融機関はこの情報をもとに審査をしています。

2. 3つの信用情報機関

日本には、全国銀行個人信用情報センター(KSC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)の3つの信用情報機関があります。
これらの信用情報機関にはそれぞれ特徴があり、消費者金融がメインとして加入している機関もあれば、銀行が主に加盟している信用情報機関もあります。
この特徴を見ると、加盟している信用情報機関の記録しか確認できないように思いますが、信用情報機関は別の信用情報機関との情報を共有しているとされ、一つの信用情報機関に加盟をすれば、その3つの信用情報機関の記録も確認できると考えられます。

 

信用情報機関

 

2-1. 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

銀行や信用金庫が主に加盟しているのが、全国銀行個人信用情報センター(KSC)です。
この信用情報機関は全国銀行協会が設置し、運営をしています。
銀行を利用すれば、この機関に記録をされていると考えておく必要があります。
銀行から住宅ローンや自動車ローンを利用しているという人も多いのではないでしょうか。
これらのローンを利用していることにより、そのローンの返済状況もこの信用情報機関にすべて記録をされています。
そのため、延滞などをしたことがあれば、この機関の信用情報を確認すれば、加盟している銀行はすぐにその事実を知ることが出来ます。

 

2-2. 株式会社シー・アイ・シー(CIC)

多くの人がクレジットカードや携帯電話などを利用していますが、これらの会社が多く加盟していると言われているのが株式会社シー・アイ・シー(CIC)です。
クレジットカード会社や信販会社などの金融機関が加盟しているのはわかるけど、どうして携帯電話会社が加盟しているのかと思う人もいるのではないでしょうか。
最近は携帯電話会社の支払いにより、信用情報に傷をつけている人が増えています。
今の携帯電話やスマートフォンは高額ということもあり、通話料と一緒に携帯電話会社から分割払いで本体の料金を支払っているという人は多くいます。
この分割払いを利用することで、携帯電話会社からお金を借りている状態となり、支払いが滞ればその事実はこの信用情報機関に記録をされることになります。

 

2-3. 株式会社日本信用情報機構(JICC)

主に消費者金融が加盟していると言われている情報機関が、株式会社日本信用情報機構(JICC)です。
消費者金融では総量規制があるために、年収の3分の1までの借入しかできません。
この年収の3分の1までの借入とは、他の貸金業者からの借入も含めて年収の3分の1までということです。
審査をするときに、他の貸金業者からの借入はどうやって調べるのかと思っていた人も多いのではないでしょうか。
消費者金融では、審査時にこのJICCなどの情報を確認することで今どの程度の借入があるかを知ることが出来ます。
申し込みの際には、金融機関には今の借入状況を知る手段があることをしっかりと理解し、今の借入状況を申込書に正確に記入することが大切です。

3. どんなことが記録されているの?

3つの信用情報機関があり、金融機関はそれぞれの機関に記録されている情報を確認して、融資をするのか、どの程度の融資額にするのかを決めることになります。
この信用情報機関には、どの程度の情報が記録されているのかと思う人もいるのではないでしょうか。
この信用情報機関には、申込書に記入した情報から、利用している金融商品の情報、借入額から返済状況まで記録されると考えておきましょう。
信用情報機関には、利用している金融機関の情報すべてが記録されると考え、その信用情報に傷がつかないようにカードローンなどを利用することが大切です。

 

3-1. 事故情報があると融資の審査は通らない

信用情報には、返済状況がしっかりと記録されます。
この信用情報の返済状況を確認することにより、金融機関は申込者が信用できる人なのかを確認して、契約をするかどうかを決めることになります。
この信用情報に延滞などの事故情報が記録されてしまうと、金融機関に本当にお金を貸しても大丈夫なのかと不安感を与えてしまい、審査に通らないこともあります。
逆に、延滞などの事故情報が一切ないことで、金融機関に大きな信用を与えることも出来ます。
この信用情報によって、借入額なども決まってくることから、大きな信用を与えられるような信用情報を自分で作り上げることが大切です。

4. 支払いの延滞などはどれくらい記録されている?

クレジットカードやカードローンなど、金融機関からお金を借りれば、延滞などをせず、確実に返済をしていくことが大切です。
しかし、返済日を忘れていて延滞などをしてしまったり、急な出費によって返済にあてるお金が無くなってしまい返済が出来ないという状況になるかもしれません。
一日でも延滞をすれば、その情報は記録されることになります。
ただ、一日程度の延滞では、大きな信用を失うような信用情報とはなりません。
短期間の延滞ではブラック扱いにはなりませんが、この延滞したという事実は1〜5年は記録されると考えておく必要があります。

 

4-1. 事故情報とは?

1〜2日程度の延滞では特に問題とはならないのですが、61日以上、または3カ月以上にも及ぶ延滞は事故情報として取り扱われます。
この事故情報とは、上記のような数カ月にもわたる延滞や債務整理をした場合です。
債務整理とは、任意整理や個人再生、自己破産などを指しています。
このような事故情報が信用情報に記録をされてしまうと、金融機関から大きな信用を失い、どこの金融機関からもお金を借りることが出来ないような状況となります。
このような状況にならないためにも、カードローンを利用する時には、しっかりとした返済計画を立てたうえでの利用が大切です。

 

4-2. 延滞情報はいつ消えるの?

延滞をすると1〜5年は消えないことになるのですが、1〜5年では大きな幅があると感じるのではないでしょうか。
この1〜5年というのは、各信用情報機関によって記録されている期間が違うためです。
KSCでは、延滞の情報は契約終了日から5年とされ、CICでは延滞が解消されてから5年、JICCでは延滞が解消されてから1年となっていて、各信用情報機関によって対応が違っています。
KSCは銀行が主に加盟している機関のため、銀行カードローンで延滞をした場合には、その記録は5年間は消えず、JICCは消費者金融が多く加盟していることから、消費者金融での延滞なら1年程度で情報が消えると考えることも出来ます。

5. 自分の情報は閲覧可能

過去に金融機関を利用していて、延滞などをしたことがあるという人の中には、今もその情報が記録されているのかと気になる人もいるのではないでしょうか。
確実に審査に通りたいと考えた時には、自分の信用情報がどのように記録されているのかが気になるものです。
この自分の信用情報は閲覧可能です。
各信用情報機関に手続きをすれば、自分の情報を確認することが出来ます。
全国銀行個人信用情報センター(KSC)では、郵送のみの受付となっていますが、そのほかの信用情報機関ではスマートフォンを利用して情報開示をしてもらえることから、気になる人は申し込みをする前に確認してみてはいかがでしょうか。