カードローン 専業主婦 目的

主婦でも借入可能なカードローン−おすすめはみずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンは、パートなどで働いている主婦の方だけでなく、専業主婦の方でも借入可能です。
金利は14.0%と他のカードローンと比べても安く、返済の負担が少ないのがポイント!
WEB上でお申し込みから契約、振り込み融資までできて、店舗に行く必要がないので、夫にも内緒で借り入れできます。

みずほ銀行カードローンの詳細はこちら

1. カードローン利用者全体で見る専業主婦の割合

カードローンが利用出来れば、今月は少しお金が足りないという時にはすぐにお金が借りることができ、人に頼むことなくすぐにお金を準備することが出来ます。
特に専業主婦の場合には、旦那の収入のみで家計をやりくりしていることから、この便利なカードローンを利用したいという人は多くいます。
しかし、このカードローンを利用している割合は意外に少ないという調査結果があります。
日本貸金業協会の調査結果によると、消費者向きに貸し付けた職業別では、1位が正社員の給与所得者(56.8%)、2位が契約社員や派遣社員、嘱託社員やパート・アルバイト(15.0%)となっていて、専業主婦の場合には最も少ない2.2%となっています。

2. 利用する目的で最も多いのは?

専業主婦の人がどのような目的で利用しているのかと気になる人も多いのではないでしょうか。
利用目的で最も多いのが趣味や娯楽費用(32.0%)となっています。
次に多いのが衣料費や食費(26.5%)、住宅ローンの返済(14.4%)、医療費(11.7%)と続きます。
子供が小さいと、子供にかける費用よりも、子供の親との付き合い費用が多く必要になるという人も多いのではないでしょうか。
子供が安心して幼稚園や小学校に通うためにも、子供の友達のお母さんとは仲良くしておきたいものです。
この調査結果からも、趣味や娯楽費用にはこのような費用も含まれていると考えられます。

 

カードローン 利用目的

3. 専業主婦の借入期間で最も多いのは?

カードローンはすぐに必要なお金を用立てることができ、とても便利な存在なのですが、金利が高く長期間借りていると大きな利息を払うことになります。
専業主婦が借入期間で最も多く占めているのが1年以内です。
調査結果によると、1週間以内が4.7%、1カ月以内が17.0%、3カ月以内が10.4%、6カ月以内が7.5%、1年以内が14.2%となっていて、合計すると53.8%になります。
このことからも、半数以上の専業主婦が借りたお金を1年以内に返済して、カードローンをうまく利用していることがわかります。
ただ、1年超が20.8%、わからないという人が25.4%もあります。
カードローンを利用する時には、少しでも早い返済をすることがお得なお金の借り方です。

4. 専業主婦はどのくらいの金額と期間を希望している?

専業主婦が利用する場合、借り入れることができる金額は少額となります。
仕事をしていない専業主婦がお金を借りたとしても、自分の収入では返済できないため大きな金額を借りたくないと考えている人も多いでしょうし、金融機関も少額の融資しかしていません。
調査結果からもそれがうかがえます。
調査結果での必要だった金額を見ると、10万円以内が最も多く45.2%を占めていて、30万円以内が21.7%、50万円以内が14.2%、100万円以内が3.8%となっています。
多くの人が10万円以下を希望していることからも、確実に返済できそうな借入を希望しているようです。

5. 貸金業者はどういった人へ貸付を行っている?

貸金業者ではどのような人に融資をしているのかと気になる人もいるのではないでしょうか。
貸金業者の貸付先を知っておくことで、どのような人が借りやすいのかを知ることができます。
日本貸金業者のアンケート調査では、貸金業者の貸付先調査も行われています。
消費者向けの無担保貸付は59.5%、事業者向け無担保貸付は38.9%となっていて、貸金業者が消費者向けに積極的に融資をしていることがわかります。
ただ、この調査では専業主婦向けの貸付の割合も見ることができます。
専業主婦向けの貸付は6.8%しか実施していないという結果で、貸金業者からの融資は難しいことがわかります。

 

5-1. 専業主婦向け貸付を積極的に行わない理由

貸金業者では総量規制があるために専業主婦が利用しにくい状況となっています。
しかし、総量規制で例外として認められている配偶者貸付を利用すれば、専業主婦でも貸金業者から融資は受けられるのですが、多くの消費者金融はこの融資をしていません。
このアンケート調査では、この理由についても調べられています。
その他の43.9%を除く、最も多い理由としては総量規制の導入による影響(27.8%)、続いて契約にかかる事務手続き業務の負担が大きいから(25.9%)、お客から必要な書類を徴求することが困難だから(24.2%)となっています。
消費者金融で配偶者貸付を利用するためには、複数の書類が必要となり、この点が大きな影響を与えているようです。

 

5-2. 貸金業者の専業主婦からの申込みはほとんどない状況

貸金業者が専業主婦向けの貸付をあまり行っていない理由に、申し込みが殆どないから(18.2%)というものもあります。
専業主婦にとって、消費者金融の借入はとても助かるのですが、専業主婦があまり申し込みをしていないという現状もあるようです。
総量規制が出来る前は、専業主婦でも消費者金融からの借り入れができ、多くの人が利用していたようです。
しかし、この総量規制が出来てからは、多くの消費者金融が安定した収入があることを前提条件として融資をしているため、専業主婦が利用しにくい環境となりました。
この環境から、多くの専業主婦が消費者金融への申し込みをしていないと考えられます。

6. 急にお金が必要になった場合は、銀行カードローンがおすすめ

日本貸金業協会のアンケート調査を見ると、貸金業者では専業主婦が利用しにくい環境であることがよくわかります。
しかし、これは貸金業者に限った話であり、銀行ではこの状況は大きく違っていると考えられます。
貸金業者から専業主婦が融資を受けられない大きな原因が総量規制です。
この総量規制は貸金業者のみに適用され、銀行ではこの総量規制の対象外であることから、専業主婦でも融資をしているという銀行は意外に多くあります。
急にお金が必要になったときには、消費者金融を利用するのではなく、専業主婦でも利用できる銀行カードローンを利用することをおすすめします。

 

6-1. カードローンを女性がよく使うようになった理由

以前はキャッシングやカードローンの利用者は男性がほとんどでしたが、最近では女性の利用も増えています。
その理由の一つが女性の社会進出です。
多くの女性が働くようになり、男性と同じように人付き合いも増え、出費もかさむことからカードローンの利用も増えてきていると考えられます。
また、最近の金融機関のサービスも、女性の利用者を増やしていることに貢献していると考えられます。
キャッシングやカードローンと聞くと、怖いといったイメージを持っている女性も多くいます。
しかし、女性専用のサービスを提供している金融機関も増え、女性が利用しやすい環境が整ってきていることも、女性の利用客を増やしている要因です。

7. 女性専用カードローンの特徴

女性の中には、カードローンを利用することにあまりいいイメージを持っていない人も多くいます。
テレビや映画などの影響により、返済が遅れると脅迫のような取り立てを受けるのではないか、法外な利息を請求されるのではないかなど、色々悪いイメージを持っている人は多くいます。
申し込みをする際にも、男性スタッフだとなんとなく怖いという人もいるのではないでしょうか。
そんな人に最適なのが女性専用カードローンです。
このカードローンでは、対応するスタッフが女性ということあり、女性がカードローンを利用するには最適なサービスです。
ただ、女性だからといって審査が甘くなるということはありません。

 

7-1. まだまだカードローン利用の女性が増える!

女性専用カードローンでは、専門の女性スタッフがたいおうしているので、金融機関の男性スタッフが怖いというイメージを持っている人でも安心して利用することが出来ます。
しかし、女性専用のカードローンでなくても、利用しやすくなっています。
インターネットを利用することにより、金融機関の男性スタッフと直接会うこともなくカードローンを利用することが出来ます。
インターネットが利用できるようになったことで、誰に合うこともなく、気軽にお金が借りられるようになり、この環境がさらに女性の利用客を増やす要因となると考えられます。