主婦 借入

専業主婦でも借入可能なカードローンとは

                                           

 

子どものため、親友のため、自分のため、理由はそれぞれですが、専業主婦でもお金を借りたい時ってありますよね。
しかし、本人に収入がない専業主婦がお金を借りることなんてできるわけがない!そう決めつけてしまっている専業主婦の方がたくさんいます。
でも実際はそんなことはありません。専業主婦でも借入可能なんです。
それではなぜ本人に収入がない専業主婦でも借りられるのか、その理由を説明するためはまず「総量規制」という制度を知る必要があります。

 

総量規制とは、2010年に施行された貸金業法ひとつであり、「個人の借入総額が年収の3分の1を超えてはいけない」という制度です。
多重債務で苦しむ人を助けるために定められたのですが、この総量規制が制定されたことによって専業主婦がお金を借りることが厳しくなりました。
なぜなら、年収の3分の1までしか借入ができないということは、年収ゼロの専業主婦は1円たりとも借りることができなくなったからです。

 

しかし、この総量規制には例外があります。

 

それが銀行カードローンです。
そもそも総量規制とは貸金業法のひとつであり、消費者金融系の貸金業者から借入をする場合に適用される制度なので、銀行から借入をする場合にはこの総量規制は適用されません。
つまり、専業主婦は消費者金融系のカードローンではなく、銀行カードローンを利用することで借入が可能になるのです。
とはいえ、たとえ総量規制という法律の制限がなかったとしても、収入がゼロの専業主婦にお金を貸してくれる銀行など存在するのでしょうか?

 

実は、専業主婦に対して積極的に融資をしている銀行は増えています。
それはなぜなのか、一度銀行の立場になって考えてみましょう。

 

専業主婦ということは、主婦業に専念しているということです。
それではなぜ主婦業に専念できるのか、それは自分に収入がなくても生活ができるほどの収入がある夫がいるからです。
一見すると「専業主婦」は返済能力がないように思いますが、専業主婦の隣には安定した収入がある夫がいるということなのです。
つまり銀行からすると、専業主婦にカードローンを利用してもらうということは、二人分の生活費を稼ぐことができる夫へ融資しているということと同じ状況になるわけです。
これが、無職の人が借入不可で専業主婦は借入可能である最大の理由でもあります。
専業主婦は立派な職業だということですね。

 

ここまでをまとめると、収入ゼロの専業主婦でも申込の際に夫の情報を記入することで、銀行系のカードローンから借入が可能であるということです。

夫にバレずに審査を通過する方法

専業主婦でも借入可能なカードローンがあるということはわかりました。
しかし、申込の時に夫の情報を記入するなら夫の同意が必要になるのでは?と不安に思っている方も多いはず。できることなら夫に心配をかけずにカードローンを利用したいものですよね。

 

現在、ほとんどの銀行カードローンでは専業主婦が銀行カードローンを利用する際に夫の同意書や収入証明書を提出する必要はありません。

 

しかし、これで夫に内緒で借入ができる!と思った専業主婦のみなさん、まだ安心はできません。
申込の段階で夫の同意は必要なくても、夫にバレてしまうケースがあるのです。
それが「審査」という段階なのですが、この審査というのはどういうものなのかというのをあらかじめ知っておかなければ、夫にバレずに借入をすることは難しいでしょう。
しかし、夫にバレずに審査を通過するために何か特別な技術が必要というわけではなく、事前に対処方法を頭に入れておくだけで簡単にバレずに借入可能なので、カードローンを利用する前にしっかり確認しておきましょう。

 

 

申込内容の確認

そもそも審査とは、申込内容をもとに「申込者に返済能力はあるのだろうか、もし貸すならいくらまで貸せるのか」というのを銀行側が判断する作業であり、申込者はその審査結果を待つことになります。

具体的には、生年月日や氏名の他にも現時点での借入額や過去に借入があるのか、もしあるのなら延滞などをしていないかというのをチェックするのですが、その時に申込内容と実際の信用情報に食い違いがあると、申込の際に記入した連絡先に銀行から連絡がくることになります。その電話に自分が出られたよいのですが、たまたま夫や家族が出てしまうと、カードローンを利用しようとしていることがバレてしまう恐れがあります。
ここが気をつけておくべきポイントです。
このような状況にならないために、申込内容に間違いがないか今一度よく確認しておきましょう。

 

在籍確認

在籍確認とは、申込の際に記入した勤務先に間違いがないか、銀行側が勤務先に電話をかけることによって在籍しているのかを確認することです。
専業主婦の場合は、夫の勤務先ということになりますね。
夫にしてみれば、会社の電話に身に覚えのない相手から個人的な電話がかかってくることになるわけですから、夫が不審に思うのも当然です。

そしてこの在籍確認を知らなかったために夫にバレてしまうという専業主婦の方が非常に多いです。
「カードローンを初めて利用する時には在籍確認がある!」ということを事前に知っておき対策しておかなければ、夫にバレずに借入をすることはまず不可能でしょう。
それではこの在籍確認を切り抜けるためにはどのようにすればよいのでしょうか。
その方法は「夫に前もって銀行から電話がかかってくるということを伝えておく」ことです。
もちろんカードローンを利用するためだと言うのではなく、たとえば「○○銀行でクレジット機能付きのキャッシュカードを作ることにしたから○○銀行から確認の電話が会社にかかってくる」ということを事前に伝えておけばよいのです。
そうすることで夫が不審に思うこともなくなり、怪しまれずに在籍確認を済ますことができます。

 

また在籍確認をスムーズに進めるために、疑問に思っていることや不安に思っていることがあれば、どんなささいな内容でも銀行に相談しておくとよいでしょう。
電話をかける時間をこちらの希望に合わせてくれたりなど、この電話がカードローンの在籍確認であるとわからないように最大限配慮してくれます。

 

 

これらのチェック項目を確認しておけば、夫にバレずに審査を通過することができます。
知っていれば難しいことではないですよね?
審査が始まる前にしっかり対応できるようにしておきましょう。

即日融資を実現するために

友人の結婚式などが重なり急にまとまったお金が必要になってしまった!という専業主婦の方も多いのではないでしょうか。
そうでなくてもカードローンを利用するならできるだけ早い方がいいですよね。
そういった専業主婦の方たちのために即日融資が可能な銀行系のカードローンがあるのですが、即日融資を実現するためにはいくつかの条件があるので確認していきましょう。

 

利用する銀行系カードローンの銀行口座を持っている

すでに利用する銀行の口座を開設していると、銀行は申込者の基本情報やお金の出入りを把握することができるので審査がすばやく進みます。
さらに普段使用しているキャッシュカードで借入が可能になるので、新しいローンカードが郵送されてくるまでの時間が短縮されるので即日融資が可能になります。

 

 

午前中にWeb申込を済ませておくこと

即日融資はできるだけ早く行動することが重要です。
午後2時を過ぎた申込は審査結果の連絡が翌営業日になる場合がほとんどなので、即日融資で利用したい方は24時間受付をしていて思い立ったその時に申込ができるweb申込を活用しましょう。

 

 

 

この2つの条件を満たしていて問題なく契約が完了すれば、あとは手元にあるキャッシュカードでお金を引き出せます。
条件を満たしていて急にまとまったお金が必要になった場合は即日融資でカードローンを利用しましょう。

専業主婦ならここがオススメ!専業主婦向け銀行系カードローンランキング

金利4.0〜14.0%

利用限度額:30万円

借入希望額が200万円までなら収入証明書不要。

カードは「キャッシュカード兼用型」か「カードローン専用型」から選択可能。

「キャッシュカード兼用型」ならクレジットカードの決済などの時にみずほ銀行の口座残高が不足している場合でも、利用限度額内で不足額を自動的に融資してくれる「自動融資サービス」を利用できるので、引き落とし日なのに残高が足りなくて延滞扱いになってしまった!というようなうっかりミスを防ぎたい方にはおすすめです。

 

金利4.5〜18.0%

利用限度額:500万円

全国のコンビニなどに設置の提携ATMでの手数料が無料。

初めての借入なら30日間無利息、さらに5万円までの借入れなら180日間無利息なので、レイクを利用するのが初めてで少額の借入を考えている方におすすめです。

 

金利2.4〜17.5%(auユーザーなら2.3〜17.4%)

利用限度額:800万円

借入希望額が300万円まで収入証明書不要。

auユーザーなら金利が通常よりも低くなり、au IDを利用して申込から借入までスムーズにできるので、auユーザーの方におすすめです。

 

金利3.8〜13.8%

利用限度額:50万円

借入希望額が300万円まで収入証明書不要。

イオンの店舗には必ずイオン銀行のATMがあるので、日頃からイオンをよく利用している方は急な借り入れなどに対応しやすいのでおすすめです。

みずほ銀行カードローンが1位の理由

どの銀行カードローンを利用しようか迷った場合はみずほ銀行カードローンをおすすめします。
理由はたくさんあるのですが、ここでは特におすすめする理由3つをお伝えします。

 

理由その1:専業主婦に対する手厚いサービス

みずほ銀行カードローンの公式サイト見てみると「ご本人さまに収入がない場合、配偶者に安定かつ継続した収入がある方は、ご利用限度額30万円を上限にお申し込みいただけます。」と明記されています。
ここまで具体的に専業主婦の借入についての説明がされているので、専業主婦に対するカードローンを積極的に行っているということがわかります。
また、みずほ銀行カードローンの申込みページは他の銀行カードローンの申込みページよりも見やすく記入しやすい設計になっています。
例えば、記入する欄の背景にはわかりやすく色がついていたり、説明文の文字は大きいサイズで表示されているなど、初めて利用する人でも視覚的にわかりやすいものになっています。

 

ここから読み取れることは、はじめてカードローンを利用する方や専業主婦ならではの悩みや相談内容をみずほ銀行ははしっかり把握できているということです。
これは、カードローンの内容とは直接関係するものではありませんが、みずほ銀行カードローンは利用者、特にはじめて利用する専業主婦に対して細かい部分までの手厚いサービスがあり、専業主婦の方にみずほ銀行カードローンをおすすめする最大の理由になります

 

 

理由その2:夫にバレずに利用できる

みずほ銀行カードローンでは、カードを「キャッシュカード兼用型」か「カードローン専用型」の2種類から選択できます。
「キャッシュカード兼用型」でカードローンを利用すれば、夫にバレずに利用することがより簡単になります。
なぜなら、すでに持っているキャッシュカードでカードローンを利用することができるので新しいローンカードを発行する必要がなく、カードが自宅に郵送されてきて夫に見つかるという不安要素がなくなるからです。
また、キャッシュカードと兼用ということは、カードを見ただけではカードローンを利用しているかどうか周囲からは全くわかりません。
これはつまり、カードそのものを夫に見つからない場所に隠しておく必要がないということなので、普段と違う行動を取らず今までの生活通りにカードローンを利用することができるのです。

 

 

理由その3:金利が低い

みずほ銀行カードローンの金利は3.5%〜14.0%です。
カードローンの金利に幅があるのは、借りた金額によって金利が変動し、多額のお金を借りるほど金利は低くなっていく仕組みがあるからです。
専業主婦が借りられる限度額はどの銀行カードローンでも50万円程度と少額なので、金利を比較する際には最高金利を参考にするとよいでしょう。
そうすると、みずほ銀行カードローンの14.0%という金利は低く設定されているということがわかります。
できることなら金利が低いカードローンを利用したいですよね。

 

                   

 

みずほ銀行カードローンには「専業主婦に対する手厚いサービス」「夫にバレずに利用できる」「金利が低い」という専業主婦でも安心して借りられる条件が整っているので、どの銀行カードローンにしようか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。